ワキガの治療法と再発について

ワキガは特有の臭いが特徴ですが、この臭いと言うのは汗の臭いではなく、汗が皮膚に在る雑菌を混ざり合わさり、それが分解された時に臭いとなって現れるのが特徴です。

ワキガの汗というのは、アポクリン腺と呼ばれる汗腺から分泌されるもので、多汗症の汗腺はエクリン腺と呼ばれる組織であり、ワキガは臭い、多汗症は多くの汗を分泌すると言う特徴が在りますが、汗が分泌される組織が異なるのが特徴なのです。

多汗症治療のクリニック情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

因みに、皮膚に近い場所にあるのがエクリン腺であり、アポクリン腺はそれよりも深い場所に在ります。
ワキガの治療法と言うのは、アポクリン腺を切除する方法が最も効果が在り、再発の可能性は少なくなると言います。但し、再発の可能性と言うのはアポクリン腺を如何に綺麗に切除するかであり、手術を行う医師の技術により効果も変わると言います。



尚、切除する場合は皮膚を切開して行う事になるため、麻酔が必要な事、そして切開した場所は傷痕として残るなどの特徴が在ります。

最近は切らずに治療が出来る方法が在り注目されていますが、治療が開始されてからの年月はそれ程長くはないので、再発の可能性は今のところ不明確であると言います。しかしながら、臭いが特徴でもあり、切らない方法で治療を行う事が出来るのは、ワキガで悩む人の助けになる治療法でもあるのです。

また、他にも一時的な緩和としてボトックス注射により方法も有りますが、ボトックスの場合は半年ほどの持続と言われています。